2人の男性

イタチ駆除は専門業者に任せる|害獣駆除のプロに依頼しよう

生態を知って対策

一軒家

ハクビシンは、一見イタチや猫に見間違えそうな見た目をしています。ですが、顔に特徴があって鼻に白い線があることから白鼻芯(ハクビシン)と呼ばれています。元々は、日本に生息していた動物ではなく東南アジアや台湾、中国にいるので外来種として扱われています。毛皮用として日本に持ち込まれたと言われていますが、毛質がそんなによくないので放逐されて増えてしまった動物になります。では、どうして害獣として扱われているのか気になるところでしょう。ハクビシンは、現代だと日本全国に生息していて田舎とかなら畑を荒らしたり、屋根裏などに棲みついてしまったりします。都会では、住居侵入して屋根裏などにある断熱材を寝床にして棲みついてしまいます。そうなると、作物の被害や糞尿被害、騒音被害などを受けてしまいます。ですが、どうやって家の中に侵入してしまうのか気になるところでしょう。

ハクビシンは、体の入る隙間があればそこから簡単に侵入します。その理由としては、体長が頭から尾の付け根まで約60センチから70センチ程度で、体重も三キロぐらいが平均ですから猫よりも少し大きいぐらいだからです。しかし、侵入する場所が分からなければハクビシン対策も駆除も行なえないでしょう。そんな時は、プロの害獣駆除の業者に任せるのが一番です。こういった業者は、徹底的に侵入経路を確認してハクビシン対策と駆除を行なってくれます。ハクビシン対策を任せれば、今後被害を受けることは無くなります。最近では、ハクビシン対策のためのアイテムも沢山ありますので、そういったものを駆使して安心して暮らせる環境を整えてくれるでしょう。気になる人は、一度業者に相談してみて下さい。